弁護士の利用の仕方を知る

離婚届

離婚を考えている場合は、自分で解決することができる場合もあります。ですが、お金が絡んだ場合には、自分で解決できず逆に争い事が大きくなってしまうでしょう。このような時、解決を放置しておくと泥沼化することになりかねません。このようなときには、弁護士に相談をすることで解決の第一歩踏み出すことができます。とは言え、どのようにそれをしたいのかわからない人もいるでしょう。この場合には、その仕組みを知っておくことが重要になります。まず、それに関しては無料で行うことができるのが特徴です。例えば、市町村で行っている相談会などを利用すれば無料で相談が可能です。また、法律事務所に行っても30分間ならば無料で話を聞いてくれるでしょう。

どれぐらいの料金がかかるのか

男女

離婚相談をする場合でも、弁護士を利用することでそれなりの料金がかかる可能性があります。利用に関して知っておきたいことの1つは、まずは着手金を支払うことです。着手金を払うことで話が具体的に動いてくれるでしょう。ただ、動いてくれるだけでは問題が解決するわけではありません。問題を解決するためには、和解をするか調停をすること、あるいは離婚調停にもっていくことが必要になります。そして、自分の思うような結果が出た場合は自分1人で解決するよりも多くのお金を手に入れた場合には成功報酬を支払うことになります。少なくとも、弁護士を利用することにより何らかの利益を得ようと考えているわけですので、成功してもらわなければ困ります。そして成功したことに対する報酬を成功報酬といいます。

どれくらいの時間がかかるのか

家族

離婚相談から解決までは一体どれぐらいの時間がかかるでしょうか。これ関しては、どの段階で終わりにするかによって大きく異なります。例えば、弁護士に依頼して相手との話し合いの中で解決すれば、それに越した事はありません。この場合には、簡単に終わらせることが可能になるでしょう。ただ、物事は必ずしもそのようにうまく運ぶとは限りません。この場合には、裁判所が関与することになるでしょう。裁判所が関与した場合は、まず調停に持ち込むことになるでしょう。裁判をするわけではなく、調停した段階で解決をすることができるならば、お金をかけずにそして時間をかけずに終わらせることが可能になります。多くの場合、離婚調停で解決することが多いですが、離婚調停で解決できるとは限りません。このような場合は、最終的に訴訟をすることになるでしょう。訴訟すると、4ヶ月から半年位の時間がかかることを覚悟した方が良いです。

広告募集中